腕脱毛には毛の根元まで剃れるT字タイプの五枚刃カミソリがおすすめですの詳細

> 腕脱毛には毛の根元まで剃れるT字タイプの五枚刃カミソリがおすすめです

腕脱毛には毛の根元まで剃れるT字タイプの五枚刃カミソリがおすすめです

何と言っても安上がりで、処置後の効果が他の方法と比べて遜色ない、と言えば「カミソリで剃る」方法です。他に腕脱毛が安い値段で出来る方法は、除毛クリームや剥がす時に痛くないワックスなど、お手軽で仕上がりの美しい薬剤も沢山あります。しかし、肌に良いものを選ぶとなると結構お高めです。ランニングコストのことを考えると、やはり剃る方法が優れています。勿論、怪我をしないように、使いやすい剃刀を選んで下さいね。脇の下にはェイバータイプがお勧めですが、腕のように剃りやすい部位には、無駄毛の根元まで綺麗に剃れるT字タイプのものが良いでしょう。三枚刃か五枚刃だと、剃り残しも無く一度できれいになりますよ。
肌荒れしないように、正しい手順で剃りましょう。お風呂に入った時がベストです。入浴後の、清潔で、暖まったお肌が柔らかい時。専用シェービングクリームがベストですが、節約を目指すなら低刺激の石鹸でもOKです。よく泡立てて、まんべんなく腕に塗りつけて下さい。次に剃刀を構え、@毛の生えている方向に従い、毛根から毛先に向かって Aあまり強く押し付けず、撫でるように、途中で何度も刃を止めないように 剃ります。指の背面や手首に近い処など、細かくて剃りにくい処や皮膚のたるんでいる所は、ちょっと摘まむようにして皮膚をピンと張るようにしてから剃ると良いですよ。無駄毛が伸びた状態で剃ると、剃刀の刃の隙間に毛が挟まりますから、小まめに刃先を流しながら、腕全体と手の甲、指もケアしましょう。この時、同じ場所を何度も剃らないで済むように、よく注意して下さい。繰り返して剃ると、皮膚の表面の大切な部分を削ってしまい、腫れたり痛んだりしがちだからです。
剃刀負けのする原因としては、使っている剃刀が古くて切れ味が悪くなった、という事も考えられます。買った時の取扱説明書をよく読んで、およその寿命を覚えてチェックしましょう。
剃り終わったらぬるま湯で良く洗い流し、清潔なタオルで水分を拭き取って。夏場は、ぬるま湯でなく冷たい水で洗うとお肌が引き締まります。寒いときはアフターシェイブ専用の、収斂作用のあるローションがお勧めです。とにかくたっぷり保湿しなければなりませんから、ローションのあとはお肌にあった乳液も塗りましょう。これで完了。剃る時と保湿に使うローションを、お肌に合って安価なものに出来るなら、こんなに安上がりな方法もありません。