脱毛クリームで腕脱毛の詳細

> 脱毛クリームで腕脱毛

脱毛クリームで腕脱毛

脱毛クリームは除毛クリームとも呼ばれており、「脱毛(※1)」と名はつくものの、厳密には「除毛(※2)」としての働きをします。

主に腕や脚のムダ毛の処理方法として使われる事が多く、カミソリやシェーバーでの処理に比べて、次に毛が生えてくるのが遅いとされています。

脱毛クリームは、「チオグリコール酸カルシウム」という成分が毛の主成分であるタンパク質を溶かすことで、除毛していきます。脱毛クリームには、除毛成分「チオグリコール酸カルシウム」の働きを促すために「水酸化カルシウム」といったアルカリ剤を配合したものもあります。

※1脱毛
毛を毛根から取り除くこと。脱毛をするには、医療機関やエステに通ったり、家庭用の脱毛機器を使ったりする方法があります。

※2除毛
肌表面にでている毛を取り除くことです。通常、カミソリやシェーバーを使うことが多いですが、クリームを使う方法もあります。

脱毛クリームの使い方

まず、脱毛クリームを使う前にパッチテストを行います。パッチテストの方法は、いろいろありますが、一般的には皮膚が薄い二の腕に10円玉ぐらいの範囲で塗り、そのまま2時間程度放置します。かゆみや赤みが出ないかチェックします。

パッチテストで問題がなければ本格的に、腕脱毛の処置に入ります。

1.乾いた肌にクリームを塗っていきます。この時、ムダ毛が隠れるくらい厚めにしっかりと塗っていきます。

2.腕のムダ毛全部がかくれるぐらいクリームを塗ったら、容器に記載の時間を参考に、一定時間放置します。10〜15分程度がほとんどです。

3.時間が経ったら、乾いたタオルまたはティッシュで拭き取った後に、シャワーで洗い流します。

製品によって落とし方が異なるので、容器に書いてある方法を参考に行って下さい。クリームの落とし忘れがあると、肌荒れなど肌トラブルの原因になります。クリームはしっかりと落とすことが大切です。

脱毛クリームを使用した後は、肌は少なからずダメージを受けているので、使用後すぐに化粧をしたり、日焼けしたりすると肌トラブルにつながります。低刺激の化粧水でしっかりと保湿し、できるだけ肌を休めるようにしてくださいね。

また、脱毛クリームを塗る場所は、お風呂場を選ぶ方が多いと思いますが、その際は、身体の水分をしっかりと拭き取り、換気をするように気を付けましょう。

脱毛エステよりも脱毛クリームのほうが値段が安い

まず医療機関、エステなどでの腕の脱毛と比べると、非常にコストを抑えることができます。

医療機関で腕脱毛する場合、1回あたりの費用はおよそ10,000円〜15,000円。腕脱毛が完全に終わるまでに6〜8回は通わなくてはいけないので、費用はだいたい60,000円〜120,000円となります。

エステの場合は、それより6割ぐらい安くなります。人気のエステサロン腕脱毛の価格比較は次のようになります。

(エステで腕脱毛する場合)

脱毛ラボ 銀座カラー レイビス TBC ミュゼ ジェイエステティック
金額 月額定額制1,990円(全身24箇所)
パックプラン89,860円
125,960円(月額4,300円) 月額2,980円(全身35ヶ所より4ヶ所) 66,400円(8回)
99,600円(12回)
72,000円(8回)
90,000円(10回)
116,328円(月額3,100円)

※参考⇒ 安い腕脱毛エステはどこ?

腕脱毛は、ワキや脚と比べて、範囲もせまいですし、自分で処置しやすいことから比較的他の部位より脱毛クリームの使用に向いているといえます。

脱毛クリームの値段は市販のものは600円の商品から、通販の6,000円上のものまで多様にあります。また比較表からも分かる通り、脱毛クリームはとても安価で腕脱毛がきるといえます。

次に、同じ除毛という点から言うと、カミソリやシェーバーはうまく剃れたとしても、剃り残しや1日経った後は、毛がすぐに生えてきてさわり心地がチクチクします。

太い毛などは毛抜きを使って抜く方もいるかもしれませんが、毛穴に大きな負担がかかるため、黒いポツポツとした埋没毛になるリスクがあります。

一方、脱毛クリームの方は、根元から毛を溶かすので剃るよりもが除毛力があり、処置後はツルツルスベスベな肌触りになりますし、毛の生えてくる速度が比較的遅いとされています。

脱毛クリームは肌に負担がかかるのがデメリット

脱毛クリームは肌表面にでている毛を薬剤によって溶かすことで除毛しています。そんな脱毛クリームのデメリットとして次のことが挙げられます。

・「脱毛」ではなく「除毛」なのですぐに毛が生えてくる。あくまで一時的な脱毛と考えるべきです
・薬剤が肌に合わない場合がある。パッチテストは必須
・タンパク質を溶かす薬剤が入っているので、肌への負担が大きい

やはり、肌への負担が一番のデメリットです。商品によって薬剤の強さも変わります。肌質が敏感肌の人はもちろん、普通肌の人も、利用する際は事前に必ずパッチテストを行ってください。

今まで一度も肌トラブルを経験したことがないという丈夫な肌の人も、パッチテストは必ず行って下さい。また、生理中は肌が敏感になりやすい時期ですので、除毛する場合は肌トラブルに気を付けましょう。

脱毛クリームで腕脱毛にかかる時間

脱毛にかかる時間はカミソリやシェーバーに比べると短いものです。通常、クリームを無駄毛に塗った後は、10〜15分程度そのままにしておきます。

しかし、商品によっては肌への負担を少なくするために5分ほどで除毛できるものも出てきています。脱毛クリームの薬剤はムダ毛だけではなく、肌にも働きかけるため、製品の説明書にある注意書きをよく読み、指定された時間以上は決しておかないようにしてください。

腕脱毛におすすめの脱毛クリーム

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

内容量:150g 3,060円

2015年にリニューアルして生まれ変わった人気の商品です。ヘラを使わずに手で塗ることができます。

肌に優しく、匂いも少なくなったので、処置の際の脱毛クリーム独特の不快な匂いがあまりありません。保湿成分配合のクリームなので、処置後の化粧水が要りません。

EpiSara(エピサラ)

内容量:100g 2,980円

日本最大と言われる美容口コミサイトでの評価も高く、人気女性誌にも数多く取り上げられています。読者モデルや人気ブロガーの方々も愛用していることで有名です。

優しいラベンダーの香りで、嫌な匂いが気になりません。成分に肌をいたわる植物エキスが10種類入っており、毛穴から毛を分解してつるつるお肌になりながら、保湿成分が角質層にまで行き渡り、肌がぷるぷるになります。

パイナップル豆乳除毛クリーム

内容量:100g 2,808円

人気女性誌の他、UOMOといった男性誌でも取り上げられています。成分にローズマリー茎エキス、黄金エキスといったハーブエキスを7種含み、肌に優しい除毛クリームとなっています。「キレイな仕上がり感」にこだわり、むだ毛をなくし、肌のざらつきや黒ずみも防ぎます。

Veet(ヴィート

内容量:150g 1,317円

TVCMでもおなじみのVeet(ヴィート)、いろいろな種類があり、ヴィートバスタイムはクリームを塗った後、水がかかってもクリームが肌に残り除毛効果を実感できます。天然保湿成分のアボカドオイルを配合しており、肌に優しく除毛できるので敏感肌に人にもおすすめできます。Amazon.jpで購入することもできます。

同じ自己処理のカミソリと脱毛クリームのどっちがいい?

自己処理の方法として一番メジャーな方法がカミソリです。カミソリやシェーバーで皮膚を傷つけたりしたら、肌にとって悪いのは当たり前だろう、と思うかもしれませんが、薬剤を使う脱毛クリームの方が実は肌への負担が大きいのです。

だから、自分が敏感肌という自覚がある人は、脱毛クリームよりカミソリやシェーバーの方がいいといえます。逆に、肌が丈夫だという方は脱毛クリームの方がおすすめです。
他には、処置後の毛の生え方に違いがあります。

個人差はありますが、カミソリやシェーバーで処置すると、除毛の効果は2日ほどですが、脱毛クリームの方は2日〜数日続きます。

また、カミソリやシェーバーの場合は、角質まで削ぎ落としてしまう場合があり、そうすると、メラニンを刺激して、肌が黒ずんでくる原因にもつながります。

また誤って肌を切って出血してしまう恐れもあります。脱毛クリームだとそんな心配をする必要がありません。また、クリームを塗り終われば、剛毛である悩みを持っていたとしても一気に除毛できるのが魅力です。

脱毛サロンと脱毛クリームのどっちがいい?

脱毛サロンは「脱毛」、脱毛クリームは「除毛」の違いがあるので、一概には言えませんが、脱毛サロンで脱毛をしようと思うと、やはりまとまったお金が必要になります。

およそ1回4,000円〜6,000円で、完了までに10回以上は通う必要があるので簡単に計算してみると、40,000円〜100,000円は見積もっておくとよいでしょう。これは、1個1,000円弱〜6,000円ぐらいの脱毛クリームの相場と比べると、とても高いような気がします。

しかし、脱毛サロンで処置を完了すると、半永久的に毛が生えてきません。これに比べて、脱毛クリームで処置した腕はすぐにまた毛が生えてくるのが注意点です。

また、脱毛サロンでの脱毛は1回の処置で効果が出ることはありません。毛の発毛サイクルに合わせてゆっくり1年に2〜3ヶ月おきぐらいの期間ごとに処置し、1〜2年で完了します。その点、脱毛クリームは処置後すぐに肌がすべすべになります。

脱毛サロンと脱毛クリームのどちらがいいかは、「用意できる費用」「許せる時間(機関)」「肌の状態」「脱毛のペース」などのポイントを総合的に考えて決めるのがよいでしょう
時間はかかっても二度と自己処理しない方、一年を通して除毛を繰り返す方は、トータルで考えてコスパなどの理由からも脱毛サロンがいいですし、今はなるべくコストを抑えたい、あまり時間がないという人には応急処置的に脱毛クリームがオススメです。

まとめ

特に半袖になることのある季節など、腕は他の部分に比べて露出する機会が多い場所です。中学生のときからなど、早くからカミソリで処理をする人も多いのではないでしょうか。

しかし自己処理の面倒さを考えると、脱毛して簡単にすべすべお肌を手に入れたいと思いますよね。お金と時間に余裕のある人は脱毛サロンへ、そうでない人は脱毛クリームを使って除毛という形ですべすべな肌を手に入れるのもいいと思います。

現在は、脱毛クリームも改良がされており、肌に優しくニオイが気にならないタイプのものが増えてきています。美容成分が配合された商品や、敏感肌用の商品も出ています。購入も近所の薬局・ドラッグストアだけではなくネット購入もできます。

また、除毛クリームといってもクリームタイプだけではなく、除毛ジェルや除毛スプレーなどもあります。様々なタイプのものが増えてきているので、以前より取り組みやすい印象です。
この記事が、お役にたてたら嬉しいです。