エステサロンへ腕脱毛で通う頻度と回数の詳細

> エステサロンへ腕脱毛で通う頻度と回数

エステサロンへ腕脱毛で通う頻度と回数

うぶ毛やむだ毛は、女性にとって大きな悩みとなる問題です。

自己処理を繰り返せば、肌トラブルが起こる可能性もあり、今やエステサロンでの脱毛は当たり前のような存在になっています
。その中でも腕の脱毛は、「ワキ」「脚(膝下)」「Vライン」の部分の次に人気のある部位です。

今回の記事はエステサロンで腕脱毛をするのに必要な頻度と回数についてまとめていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

エステサロンで腕脱毛に必要な回数

腕脱毛の特徴として、他の部位に比べると毛が細くなります。

最近のエステサロンでは光脱毛が主流になっています。この光脱毛はムダ毛のメラニン色素に反応する特殊な光を使用して、毛根を弱らせて脱毛するという方法です。

光脱毛は太い毛ほど効果が高いため、腕のように産毛や細い毛が多い場合は回数を重ねないとなかなか薄くなりにくいです。

腕のムダ毛が生えてこなくなるまでに要する施術回数は、少なくとも10回〜12回程度といわれています。サロンによっては12回〜18回程度というところもあります。

また、ムダ毛の多さや濃さによって個人差もありますので、回数にはばらつきがあります。

腕脱毛でエステサロンに通う期間はどれぐらいがよい?通う頻度は?

毛は毛周期というサイクルで、「生える」、「抜ける」を繰り返しています。エステサロンではその毛周期のタイミングにあわせて脱毛をしていきます。

毛周期は、毛が太く長く成長して伸びていく「成長期」、成長が止まり抜ける準備を始める「退行期」、毛が自然に抜けていき、次に生えてくる準備を始める「休止期」の3つの段階に分かれています。

この「成長期」の時に細胞分裂が活発に行われるので、その時期に集中して脱毛することでムダ毛の処理が出来ます。

脱毛は成長期の毛だけに効果を発揮しますので、成長期のタイミングで脱毛をします。
また、表面に出ている毛は全体の1/3から1/4程度と言われていますので、1度に全ての毛に脱毛の処理が施せるわけではありません。

そのために、毛周期のサイクルに合わせて脱毛を進めていきます。

毛周期に個人差もあり、また部位によっても特に成長期や休止期は期間が大きく違います。腕の場合は2か月から4か月といわれています。

これが理由で、サロンに通う頻度は、早ければ1か月に1度、一般的には2か月から4か月に1度の間隔で脱毛していきます。

よってどんなに早くても1年から1年半くらいはかかってしまいます。

エステサロンで腕脱毛を受けるのにおすすめのタイミング

毛周期に沿って脱毛をしていくのですが、実際にはどの位の回数で、どのくらいの効果が感じられるのでしょうか?

1回〜4回位

施術後1週間くらいで毛が抜けてきます。脱毛をしたと実感しますが、まだ普通に毛が生えてきます。

5回〜8回位

腕の毛の質が徐々に変わってきます。まだまだ毛は生えてきますが、自己処理の回数は減ってきます。

9回〜12回位

腕の毛の自己処理が半分くらいになります。かなり効果を実感できて、ここで終了とする人も多いです。

13回〜16回位

脱毛がほとんど完了。産毛が多少生える程度になります。

自己処理がいらなくなるまでの目安としては、1年半位はかかります。とりあえず自己処理がある程度なくなって肌をきれいに見せられるようになるには回数では5回〜8回、期間で8か月から10か月くらいは必要になります。

腕の露出が増える夏までに脱毛を間に合わせるには、前年の秋から始めるのがベストでしょう。

脱毛の施術をする前はムダ毛を伸ばしておかないといけないので、半袖でなくても普通に過ごせる時期、でもあまり寒くなってからになると人によっては来年の夏までに間に合わなくなってしまう場合もあるのでやはり冬より秋が良いでしょう。

冬から夏前はお得なキャンペーンなども各サロンから出てきますのでお得に活用できるという魅力もあります。

ただ、ムダ毛の多さや濃さは人によって異なりますので、効果を実感できるまでの回数や脱毛が完了するまでの施術回数にはばらつきがあります。

まずはネットで口コミや体験談などをチェックし、気になるサロンで無料カウンセリングを行いましょう。自分の大体の回数を把握して逆算して始めるのがポイントです。

エステサロンで腕脱毛をやめた方が良いタイミング

脱毛の施術の効果は、毛周期の関係で1度や2度通っただけでは全ての毛に対して効果が出るわけではありません。1度や2度の施術でも、施術の時に生えていた毛に対しては効果があります。

しかし施術時に休止期で生えていなかった毛が生えてくるため元通りになってしまいます。注意点として、毛周期に関して正しい理解がないと、これを効果がなかったと誤解してしまう可能性もあります。

表面に出ている成長期のムダ毛は全体の1/3から1/4といわれています。毛周期に合わせて、何度も繰り返して施術を重ねることによって、徐々に本数が減っていきます。中途半端な状態で辞めると、休止期の毛根が活動しムダ毛が再発してムダ毛が濃くなってしまう場合もあります。サロンスタッフが個人の毛周期と毛の量によって立ててくださった回数をしっかり守って、自分の考えで中途半端な状態でやめてしまわないようにしましょう。
予定回数+1回で再発を未然に防げると言われています。

またサロンで使用するレーザーは威力が弱く、実は永久脱毛には至らず正しくは「減毛」とも言われています。ムダ毛の毛根を死滅させることは医療行為に相当します。医師の常駐する医療脱毛クリニックの医療レーザーでしか、永久脱毛は行われないのです。

ですから、どのくらいまで減ったら「脱毛のやめどき」とするかが問題になってきます。

  • 自己処理が楽になったら
  • ほとんどの毛が生えてこなくなったら
  • 最後の1本まで完璧になくなったら

自己処理が楽になったら

脱毛がすすんで、毛がだんだん減ってくると生えてくるペースも遅くなってきます。
生えてくるペースが遅くなればそれだけ自己処理の頻度も減ってきます。

また、生えている毛も細くなってきますので、生えていてもあまり目立たなくなります。そのため普段は自分でお手入れをしなくてもよくなるでしょう。

自己処理が楽になったぐらいで終了して、腕を出さない季節はそのままで、必要性が感じられるデートなどの場合は、自分で事前処理をすればいいというわけです。

ほとんどの毛が生えてこなくなったら

ほとんどの毛が生えてこなくなって、残っているのは「産毛」だけという状態です。

当然自己処理も不要になります。毛周期の乱れなどが原因で少し毛が残ります。一見何も生えていないように見えてもたまに思い出したかのように生えてくることもあるかもしれません。

でも少量の無駄毛であれば、気づいたときにサッと処理するだけで済みますからかなり楽です。

最後の1本まで完璧になくなったら

どうしても残ってしまう薄い産毛を除いて、それ以外の目立つ毛は完全になくしたいということです。サロンの脱毛でここまでするには、かなりの時間とお金の負担が必要ですし、サロン脱毛はあくまで「減毛」です。

完璧にしたいなら医療クリニックをお勧めします。ただし、医療クリニックのレーザーは出力レベルが高いため、脱毛効果は高いのですが、痛みも強く価格も高くなります。

「やめどき」として最もおすすめは「ほとんど毛が生えてこなくなったら」という段階です。この段階は、サロンとしても「脱毛が終わりました」といえる段階です。サロンの施術回数も、ほとんど毛が生えてこなくなってくる状態を前提に設定されています。

せっかく脱毛に通ったのに、まだ自己処理が必要な状態で辞めてしまうのはもったいないです。自己処理は楽になってもやり続ける以上はやっぱり手間もかかります。また、この状態で辞めると、かえって濃くなってしまう場合もたまにあります。

かといって、完璧を求める場合もサロン脱毛では限界があります。「ちょっと生えてきたところぐらいは自己処理して、普段は自己処理いらず」の状態が最も快適かつお金もかかりすぎない段階です。

エステの腕脱毛の回数無制限キャンペーンってどうなの?

毛量が多い方や濃い方は脱毛サロンに通う回数が多くなります。そのため一度の施術にいくらという形の料金を支払うと最終的に高額な費用を支払わなければならなくなることもあります。

そのような方におすすめなのが一度料金を払えば一定の期間何回でも脱毛サロンに通うことのできるという回数無制限の「通い放題」というプランです。

通い放題といってももちろん毛周期に従ってムダ毛の生えてくるまで待つ必要はありますが、ムダ毛が多い方は一度に施術できる範囲が他の方に比べて狭くなります。

そのため何回も通うことのできるプランは費用を抑えることが出来るという点で効果的です。

ただ、すべての方に向いているプランではありません。
ムダ毛がそれほど多くない方、施術したい部位が少ないという方は本当にお得か考えるべきです。

このプランは、元をとるには少なくとも2,3年は通い続ける必要があります。その場合施術ごとに料金を支払う方が安いこともあります。

脱毛はつるつるになるまでの期間ができるだけ短い方がベストです。ですから、実質永久保証となる無制限プランは魅力的ですが、脱毛効果の弱いサロンでは意味がありません。

しかし、サロンでも施術時間や完了期間の短縮に努力しているサロンなら、もしもの時の保証が効く無制限プランが魅力的です。

また、人気のある脱毛サロンは常に混んでいて、せっかく無制限にしても施術の予約が取れないこともあります。

そうしたこともよく考慮して、最適な腕脱毛プランを見極めることが大切です。

腕脱毛の回数無制限でおすすめの脱毛サロン

腕脱毛の回数無制限プランは実は「銀座カラー」のみです。

「脱毛ラボ」「シースリー」も回数無制限の通い放題のプランはありますが、「全身脱毛」のコースになります。

銀座カラー

「銀座カラー」の「腕全セット・脱毛し放題」プランは、両手の甲・指、両肘上、両肘下を合わせた腕全体を月額4,300円、最大1年間で6回の無制限プランになります。

最初の12回位までは2〜3か月に1回程のペースで施術に通います。その後は、ムダ毛が生えてきたら行けばOKです。おまけに普段のムダ毛の処理は一切必要なしです。支払いも最初の2年で終わっているので、経済面でも不安なしです。

まとめ

腕脱毛でエステサロンに通うには最低10回〜12回、1年半くらいの期間がかかります。ムダ毛には毛周期があって、その人のムダ毛の多さ、濃さによって個人差がありますが、2か月〜3か月の頻度で施術をします。もし、夏の腕の露出が多くなる前に向けて脱毛をはじめたい場合は、秋からのタイミングがオススメです。

どこまで脱毛するかは個人の希望でもありますが、サロンの脱毛は「減毛」で完全に脱毛しようとすると、とてつもない期間とお金がかかります。

サロンでの腕脱毛の場合、「ほとんどの毛が生えてこなくなり、自己処理がほとんどいらなくなった状態まで」とするのがベストのようです。中途で自己判断で辞めるとかえって濃くなってしまうような場合もありますので、毛周期をもとにサロンで立ててもらった目標回数までは、またはそれプラス1回までは施術を続けた方が安心です。

また、場合によっては回数無制限の脱毛し放題のプランをうまく利用するといいでしょう。エステの腕脱毛で、ムダ毛処理が不要のツルツル肌の腕になるといいですね。